開院時からの内視鏡症例数を開示しています

内視鏡症例数

当院で行った内視鏡検査の症例数を紹介します。

開院時からの内視鏡症例数

胃カメラ・大腸カメラ

累計16,368
(集計期間:2017年8月~2024年5月、当院電子カルテより集計)

期間 胃カメラ*1 大腸カメラ*2 その他内視鏡*3 胃がん検診*4 合計
2017年8月~2017年12月 330 147 9 0 486
2018年1月~2018年12月 1,205 720 39 0 1,964
2019年1月~2019年12月 1,372 974 14 87 2,447
2020年1月~2020年12月 1,225 889 16 244 2,374
2021年1月~2021年12月 1,332 1,112 13 308 2,765
2022年1月~2022年12月 1,458 1,073 22 255 2,808
2023年1月~2023年12月 1,251 993 5 277 2,526
2024年1月~2024年5月 513 407 4 74 998
開院時からの合計 8,686 6,315 122 1,245 16,368

※1:胃・十二指腸ファイバースコピー + 食道ファイバースコピー
※2:大腸内視鏡検査(S状結腸 + 下行結腸及び横行結腸 + 上行結腸及び盲腸) + 直腸ファイバースコピー + 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
※3:内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 + 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術
※4:調布市の胃がん検診にて胃内視鏡検査を行った数

症例数公開の目的

内視鏡検査を受けるに当たって、患者様の医療機関選びに役立てていただくことを目的に内視鏡症例数を公開しています。
内視鏡も医師の手仕事です。ただ症例数が多ければ良いというものではありませんが、患者様の治療選択等に資する情報であると考えております。