特定健診の生活習慣病の発見で
重症化を予防

特定健診

特定健診について

「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づき、医療保険者(国民健康保険・職場の医療保険等)は、平成20年度より「特定健康診査(通称:特定健診)」と「特定保健指導」を実施しています。
特定健診は、糖尿病やメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)等の生活習慣病のリスクが高い方、およびその予備軍の方を見つけ出し、生活習慣病のリスクに基づく必要度に応じて特定保険指導を実施します。
特定健診の目的は、高血圧や糖尿病などの病気を発見するだけでなく、生活習慣病の発症を未然に防ぐことにあります。40歳を過ぎたら年に1回は健診を受けましょう。

こんなときは大腸内視鏡検査を

便潜血検査も大腸がんの検査の一つです。便潜血検査では1ml中に1000万分の1グラムという精度での出血した血液を検出することができますので、もし大腸
がんが進行して出血していれば反応します。でも、万全ではありません。大腸がんには大腸平坦型腫瘍と呼ばれる腸内に出っ張らないものもあります。そのため、通過する排泄物と大腸がんがこすれて出血することもありませんので、便潜血検査で見つからない場合もあります。
何はともあれ、便潜血検査で異常が見つかった場合には必ず大腸内視鏡検査を受けましょう。

超音波検査の注意事項
調布市に住んでいる国民保険をお持ちの方
国民保険後期高齢者保険証をお持ちの方
特定健康診査のご案内
健診可能 月曜日~日曜日 ※月曜日の午後、土曜日の午後、祝日は定休日
受付時間 午前8:45~11:00 午後14:45~17:00
予約 予約不要
持ち物 1:調布市からの受診券、問診票
2:国民健康保険証または後期高齢保険証
3:診察券
注意事項 当日は採血がありますので朝食は食べずにお越し下さい。(お薬を飲まれている方は主治医にご確認下さい)
お問合わせの際は調布市からの「健診の案内」と受診券をお手元にご用意下さい。

健診項目

問診 診察、身体計測(身長、体重、腹囲)、血圧測定
血中脂質検査 LDLコレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪
肝機能検査 GOT、GPT、γ-GTP
血糖検査 空腹時血糖、ヘモグロビンA1c
尿検査 尿糖、尿たん白
健診結果・特定保健指導

健診結果は2週間で出来あがります。結果報告書をクリニックでお受取り頂き、次回診察時に説明をお受け下さい。(診察日以外で説明をご希望されますと別途診察代が掛かります)
※当院内科にかかりつけ患者様のみです。
かかりつけでない患者様は、健診クリニックでの説明をお受け下さい。