消化器内科では、食道からおなかにかけての病気に関する専門的な診療を行っております。

消化器内科

こんな症状でお困りでしたらどうぞ当院にご相談ください
食欲がない
おなかが痛い
便秘・下痢が治らない

胃の痛みや胸焼けがする
便が黒い・血便が出てしまった
胃がむかつき吐き気がする

治療法
  1. 消化器内科では内視鏡検査が一般的ですが、全ての患者様にお勧めするわけではありません。患者様の状態を診察し、適切な診断を行います。
    最近ではお薬も進化しております。お薬で十分と診断させて頂いた患者様には薬物治療を行わせて頂きます。

  2. 当クリニックでは、胃の内視鏡検査においては苦しくないことを重視しています。
    適切な鎮痛と鎮静を行い、絶えず患者さんの状態をモニターしながら検査を行うことで、苦痛の少ない検査を実現しました。
    薬の効き具合には個人差があり、完全に眠ってしまう方から意識があってモニター画面を見ている方までさまざまですが、「辛かった」「苦しかった」という方はまれです。
    胃カメラ検査は条件が整っていれば当日検査が可能です。

  3. カメラと同様に、当院では苦しくない内視鏡検査を重視しています。
    口から行う胃カメラ検査と比べ、大腸カメラはお尻から入れるので胃カメラと比べると苦痛は少ないですが、鎮静剤を投与させて頂き、苦痛の少ない検査を行っています。
    ウトウトと眠った状態で検査を行うので、大腸カメラの受診が決まった患者様は怖がらず安心して検査に臨んで下さい。
    大腸カメラ検査は当日は受けられません。後日に検査日を予約して頂きます。

胃カメラ検査は以下の条件を満たしていれば当日検査可能です
検査前日の夜8時以降は食事をとらないでください。タバコも禁止です。
普段から就寝前に薬を服用されている方は、いつものように飲んできてください。
お薬を飲んでいる方は、朝6時に少量のお水でお飲みください。※
検査当日は、検査が終わるまで食事はとれません。飲水のみ可能です。
鎮静剤を希望される方は、車を運転してのご来院はお避けください。
  • 特に心臓や血圧のお薬は、検査中に血圧が上がらないように必ず服用してきてください。
  • 鉄剤・胃薬に関しては、患者様によっては服用しても問題ない方もいらっしゃいます。医師の事前説明を受けてください。
  • 糖尿病の方はお薬を飲まないでください。また、糖尿病でインスリンを注射している方は、検査当日の朝の注射はしないでください。
クリニック紹介

おなかと内科のクリニック 院長:
青野哲也

当院はおなかに特化したクリニックですが、一般的な内科のクリニックの診療も行っています。少しでも体の不調を感じたら、ぜひ一度ご来院ください。健康な体なくして日常生活を営むことは困難です。受診していただいた皆さまが、日々健康な状態で過ごしていただけるよう、地域に根差した医療をご提供します。

院長経歴

平成13年杏林大学医学部卒業。同年杏林大学病院外科入局。その後、茨城県立中央病院・地域がんセンター、府中恵仁会病院にて外科医として研鑽。消化器系疾患をはじめとした外科手術を手がける。地域のかかりつけ医としての開業を見据え平成27年より在宅診療に従事。平成29年8月に調布おなかと内科のクリニックを開院する。

クリニック詳細

クリニック名 調布おなかと内科のクリニック
住所 〒182-0024 東京都調布市布田1-50-1 フジヨシビル2階
電話番号 042-481-3530
診療科 内科、消化器内科、内視鏡内科、外科
開院日 2017年8月1日
院長 青野 哲也
受付時間
8:45~11:45
14:45~17:45

■ 診療日:月曜日~日曜日
■ 休診日:祝日

ご予約はお電話でも承ります。

TEL: 042-481-3530

アクセスマップ

〒182-0024 東京都調布市布田1-50-1 フジヨシビル2階
TEL:042-481-3530

電車でのアクセス

JR新宿駅から京王線に乗り換え、調布駅(最短14分)まで起こし下さい。
調布駅東口から徒歩3分(約350m)の距離に当院がございます。
*地下鉄都営新宿線直通運転しております。

お車でのアクセス

八王子調布ICから甲州街道(20号線)信号調布駅口を右折します。
信号調布駅北口へ左折し、直進して下さい。
右手にオリジン弁当を過ぎた当たりに当院がございます。
(近隣のコインパーキングをご利用ください)