患者を常にモニターしながらの施術で
痛みのない検査を実現

大腸カメラについて

外科医が診る検査

当クリニックの医師は、外科で大腸の手術を担当してまいりました。
手術を経験しているため、あらゆる面から治療の選択肢をご提案することが可能です。
大腸カメラにおいて当クリニックが得意とするのは、「最後の治療=手術までを見据えた検査」。
治療の選択肢をしっかりと把握した検査で、患者様の大腸がんの進行を防ぎます。

検査の流れ
  • 1

    受付

  • 2

    問診

  • 3

    鎮痛剤

    ストレッチャー(ベッド)に横になり、鎮静剤を投与します。
    ウトウトと眠った状態で検査をします。

  • 4

    検査・観察

    内視鏡を肛門から入れて、腸の内部を隅々まで観察していきます。
    所要時間は20分程度で終了します。

  • 5

    休憩

    鎮静剤の効果がなくなるまで休憩をします。

  • 6

    検査結果の説明

    診察室で画像を院長が説明をします。
    ※組織検査をした場合は、後日(約1週間)再診にて結果をご説明します。

  • 7

    お会計・注意事項の説明

    受付にてお会計と、検査後の注意事項のご説明します。
    必要な場合は次回のご予約もお取りします。

検査前日・当日の注意点
検査前日の夜8時以降は食事をとらないでください。タバコも禁止です。
普段から就寝前に薬を服用されている方は、いつものように飲んできてください。
お薬を飲んでいる方は、朝6時に少量のお水でお飲みください。※
検査当日は、検査が終わるまで食事はとれません。飲水のみ可能です。
鎮静剤を希望される方は、車を運転してのご来院はお避けください。
  • 特に心臓や血圧のお薬は、検査中に血圧が上がらないように必ず服用してきてください。
  • 鉄剤・胃薬に関しては、患者様によっては服用しても問題ない方もいらっしゃいます。医師の事前説明を受けてください。
  • 糖尿病の方はお薬を飲まないでください。また、糖尿病でインスリンを注射している方は、検査当日の朝の注射はしないでください。
大腸カメラ検査で発見される消化器疾患
大腸ポリープ
大腸がん
痔核
炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎など)
大腸憩室症(腸管の内壁の一部が外側に向かって袋状に飛び出した状態)
虚血性腸炎(大腸の血流障害によって大腸粘膜に炎症や潰瘍が生じ、突然の腹痛や下痢、下血をきたす疾患)
保険適用の有無

初診時は、5,000円前後を初診検査費用としていただいております。
また、初診時の費用に加え、胃内視鏡検査のみの場合は10,000円前後、組織検査を行った場合は13,000〜20,000円、
ポリープ切除を行った場合は24,000〜30,000円前後を頂戴しております(いずれも3割負担の場合)。
費用に関しては、現時点での概算であることをご了承ください。
また、ご不明な点は受付に問い合わせ下さい。

検査料金
大腸カメラ 約2,500円~6,500円
大腸ポリープ切除術※ 約7,000~30,000円

※大腸ポリープ切除術は切除する箇所により、金額が変動します。

処置後のアクシデントに安心の専用電話回線

胃がんは内視鏡検査で早期発見して治療することがとても大事な病気です。 大腸内視鏡検査やポリープ切除などの内視鏡的手術・検査のための前処置に は、偶発症があります。感染や出血(頻度はおよそ1%)、腸に穴が開いてし まう穿孔(頻度はおよそ0.1%)などが代表的な偶発症ですが、当クリニック では、万が一処置後にアクシデントが起きてもすぐに対応できるよう、処置 患者様限定の専用電話回線を設けています。処置を行った患者様には、夜間 対応も行う専用電話の番号をお伝えいたしますので、安心して処置にお臨みください。